会社情報

トップメッセージ

一番大切な人に食べてもらいたい

代表取締役社長
中原 征嗣

私たちサンバーグは、JTグループの加工食品事業を担う、テーブルマーク(株)のグループ企業として、「安全で衛生的な職場で」「やりがいを感じながら、安全で安心していただける食品を作り」「地域社会へ貢献する」ことを経営方針と掲げ、「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いを込めて生産活動に取り組んでいます。

昭和47年創業以来お届けしている「冷凍ハンバーグ」や、「冷凍ミートボール」「冷凍ベーカリー」など当社製品を、外食店やお弁当·給食などのいろいろな場面で、皆さまもお口にされたことがあるでしょう。『これって、おいしいね』、そういっていただけるように、チーム·サンバーグ全員、毎日毎日を一所懸命頑張っています。

当社は、食の安全管理に国際認証規格「FSSC22000」を、また環境管理には同じく「ISO14001」をそれぞれ取得し、省資源も念頭に万全の体制で、安全で安心してご利用いただける食品の提供に努めてまいります。

会社概要

社名
サンバーグ株式会社
所在地
〒306-0431 
茨城県猿島郡境町西泉田1436-1
設立
昭和47年1月
資本金
1億円(株主:テーブルマーク株式会社100%)
社長
代表取締役 中原 征嗣
従業員
252名(2018年12月末現在)
営業許可
食品の冷凍又は冷蔵業、食肉製品製造業、ソース類製造業、そうざい製造業、菓子製造業
生産品目
冷凍ハンバーグ·ミートボール、冷凍ベーカリー製品(冷凍生地·パイ、焼成パンなど)

会社沿革

1972年
旭化成工業(株)の子会社として設立
茨城県猿島郡境町工業団地内に「茨城工場」竣工、操業開始
鶏肉を利用した「冷凍ハンバーグ」の生産開始
1979年
第2工場竣工、「冷凍調理加工品」生産開始
1986年
「冷凍ベーカリー」(冷凍生地·パイ)の生産開始
1996年
「冷凍ミートボール」の生産開始
1999年
日本たばこ産業(株)JTグループ子会社となる
厚生労働省·総合衛生管理製造過程認証取得
2004年
環境管理ISO14001認証取得
2009年
食品安全管理ISO22000認証取得
2010年
「冷凍ベーカリー」(焼成パン)の生産開始
2018年
食品安全管理FSSC22000認証取得
Page Top